ストーリー性の高い面白い夢見ました
久々に夢日記書きます
ちょっとホラー注意

山奥の村で一人一つ「鍾乳洞の入り口」を守る使命を負う民族に生まれついた
入り口はどれも鉄格子で硬く封鎖されている
しかし次第に村の人はその深い深い鍾乳洞をゴミを投げ入れるのに使い始める
それはまずいだろうという声も無視して、「自分の鍾乳洞なんだから自分の使い方でいい」と投げ入れる者が多数
その中で俺は鍾乳洞を綺麗なまま保っていたことで友達の間で偉いなーとか言われていた

ある日に友達と学校近くの鍾乳洞入り口の前で綺麗な石を拾って遊んでいると
「この鍾乳洞は全部つながってるらしい、それで地下66階にはなんかが住んでいるらしい」という噂話をする友達
と同時に鍾乳洞の中から「あぁ神さま、こんな体を与えて下さり感謝しております」みたいな声が何度も響きだす
様子を見ようと友達が近づくと中から鉄格子をぶち破って全身爛れたゾンビが出てきた
俺らが捨ててきた生ゴミがこいつらの糧になってまた動き出したんだろうなぁと夢ならではの御都合主義でこの瞬間に理解した
友達の一人が襲われてるあいだに俺と友人Hは学校へ逃げ込んだ(薄情)

学校ではすでにパンデミックが広がっていた
半数は全身ガクガクしながら緑ゲロを吐いて死んでるけどもう半数は逆に身体能力を強化されてるらしい
ただし身体能力を強化された方も頭が悪くなるみたいでお互い強化された体を使って無邪気にはしゃぎながら殺し合っているまさに阿鼻叫喚
落ちてる釘でドッヂボール的な遊びをして時速80キロくらいで投げ合った結果体をぶち抜かれてバラバラになったのを見て笑いあってる、みたいな感じの狂気
(この辺でめちゃくちゃ俺に対して人懐っこいNPCを発見したのであっめるだ!と思いつつちゅーしました
最近夢の中でタルパズを発見したらちゅーするっていうミニゲームみたいなミッションが流行ってます
でも起きて聞いてみたらゆうだった
見た目はその夢の登場人物のものを借りてることがほとんどなのでめちゃくちゃ難しいです)
助けようと駆けつけたヒーローも逆に感染して死んでいるよくある状況
ちなみに今回のヒーローはなぜかあんぱんしょくぱんかれーぱんのマンだった
相性悪いやろお前ら

しかしその中でもなぜか俺は全く感染せず
そこに感染した友人Hがやってきて「なぁ、これ最高だな、お前もそろそろ慣れてきただろ?」と緑の血反吐を吐きながら言ってくる
俺は感染したフリをしてそうだなとか適当に流して校内の安全そうなところを探し歩いた

「日直の仕事なんか忘れて遊ぼうぜ」と別の友人
そうか、俺は日直だった、日直の仕事は...黒板を消すこと?
校長室にある謎の文章の書かれた黒板を思い出して一目散にそっちに逃げて何事もなく校長室へ
黒板の文字を見た瞬間、「今まで理解できなかった言語なのに突然理解できた」ような感覚を覚えた
今までは今週の標語にしか見えてなかった文字が病気の説明に変わっていた
黄色いチョークで「現在を変えることで過去が変わってしまう、地下深くへ患者を封印する」みたいなことが書かれていた

黒板消しに手をかけた瞬間後ろから感染した3人の友人達が
「その黒板って消しちゃだめなんじゃなかったっけ?」
構わず消す
「おいだめだろナにやっテんだ」
緑の涙を流して体を崩壊させながらゆっくりこちらへ向かってくる
「先生に怒らレても知らナいかラナ!」
すごい力で後ろから引っ付かれながらゲロ吐かれまくってるけど構わず消す
黄色い文字を消し終えた瞬間に友人達の体はバグったグラフィックみたいに崩壊してバラバラになって消えた

校長室から出るといつもの学校の風景が広がっていた
さっき爆散した友人も見かけたので話しかけてみる
「今日鍾乳洞のとこで遊ばん?」
「鍾乳洞ってなんだよ」
どうやら過去は変わってしまったらしい

ここで電話で目が覚めました

すぴ 怖すぎ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
める えへへ、怖かったね♡
すぴ ゴミ出しに行けないじゃねーか!ふざけんなぁ!
める 私がついてるぞー?
すぴ トイレも怖いんだけど
める えへ、じゃ明るくなってから行こっか♡

トイレにはタルパズは入れません
明るくなるまで膀胱もってくれ(良い子は真似しないでね)


起きたら怖いけど夢を見てる間はそこそこ楽しかった(おわり)