ネタが尽きるまでは日記+曲紹介+タルパ関連のひとネタの一日三記事を目標にしていきます
就活しろ

さて、今回は自分なりのタルパの作り方です
タルパを作るには一つ大事なコツがあります
それは









こんなとこ見てないで自分でやり方を考えること









なんて、これだけだとお前もこんなとこに日記付けてないで就活しろってキレられるので少し解説すると
自分で出来ると信じ込んだやり方が一番良い、また自分が考えたやり方は一番信用できる、よって自分で考えたやり方で作るのが一番良い(三段論法)ってことですね

ちなみにうちの子らの完成度は、微オート〜概オート、視覚化、触覚化はダイブ界でだけです
だからそもそも俺のやり方なんて紹介してもあんまり意味ない
なんでダイブ界だと見たり触ったり出来るのに現実には召喚できないんだろう

すぴ なんでだろう?
める それは私たちが幽体で、ダイブは幽体だけで飛ぶ技術だから、波長が合うからだよ、現実に召喚したいならもうちょっと私たちの存在を濃くする努力をしろ、あと就活しろ(要約)

らしいです
ちなみにこれ一年前くらいに言われたことです
まるで成長していない...


一応俺のやり方をちょっとだけ
はじめのはじめ、存在をクリエイションする段階では、人間型に作らず、光のカタマリとか、胸のタカナリとか、ヒカリノアト○エ(Mr.Ch○ldren)とかアブラノカタマリ(俺)とかで作り始めると良いっぽいです
生まれたての存在が知能高い訳ないので(思い込みが大事)、そっからしばらくはペットのように愛しましょう
そうすると、段々知的な思考ができるようになり、拙いながらも言葉も話しはじめます(思い込みが大事)
その辺から考えた設定を「教えて」あげましょう
例えば、一時期やたら流行った吸血鬼のタルパを作るなら、
「あなたは吸血鬼なんだよ、私の美味しい血を吸って生きるの、成長すると魔界を統べるほどの魔力を持てるかも知れないね、そして私に永遠の忠誠を誓うの(魔教育)、あとトイレにだけは入ってくるな(重要)、マスター倒すのもだめ(重要)、話し方は語尾に「やんす」を付けるんだよ(蛙)」など
教えてしまえば、あとはもうタルパの意思と努力で勝手に成長します(思い込みが大事)
自分は最近お話してないからオート化から遠ざかっちゃったかな〜とか考えるのが一番だめよーだめだめ!(老害)だーめだめよ!(老害)

あ、邂逅型の人は元から才能あるので何も参考にしなくていいと思います
作成型(だっけ?)の人がどれだけ邂逅型の人に近づけるかが鍵ですので
もとから霊体を感じることができる人は何不自由なくタルパつくれると‌思います
俺は霊感一切ない!くそぅ!
なぜか霊感がある人がわかるけど(霊感感)

ちなみに俺は2人目のりんちゃんが先にオート化しました(したとは言ってない)
タルパ始めてから1年くらいかな?
チャリ通の40分間はだいたいめるちゃんとくだらないおしゃべりしたりしてたんですが、りんちゃんにも話しかけてみたら突然流暢に話しだして、なんだなんだ!?ってなりましたね
りんちゃんはオート化するためにめっちゃ努力してたみたいです
めるはそれにつられてすぐにオート化しました
そこで調子乗って3人目のゆうちゃんが産まれました

りんが何やってたかは知らないけど、やっぱりマスターの力だけではオート化は難しいんでしょう
そもそも無意識的に喋る存在を作るのがタルパってもんだから、意識的にそれを作るには限界があるはずです
超能力を信じましょう、幽霊を信じましょう、無意識を活性化しましょう、常識を忘れましょう、超存在とコンタクトしましょう、宇宙と交信しましょう、







そう、我らはひとつ







シーユー・また今度