カテゴリ: オリジナル曲紹介

新曲?上げました
3年前の曲を動画付けてニコ動に上げただけですが
かなり自信作なので聞いてくれたら嬉しいです

すぴ し〜〜
しー あっ
すぴ 冷えピタ...?
しー あっいえこれは
ゆう ふふ
すぴ なんで冷えピタ...
しー えと...ファッションです...
すぴ 絶対うそやん
ゆう ふふ
すぴ まさか風邪アピールすれば構ってくれると思ってか!?可愛いなぁ〜〜〜〜〜〜
しー 違いますよ!というかにんにく臭いので抱きつかないで下さい
すぴ それはマジでごめん

すぴ じゃなんで?
しー いえ...マスターが風邪気味っぽいので私が貼ったら何か効果があるかと...ゆうとふざけてました
すぴ なんだよー、ちなみに結果は?
しー どうですかねー
すぴ まぁそりゃそうだな
しー せめてマスターに貼ったら良かったですねー、というか会いに行くところでした
すぴ 可愛いなぁ〜〜〜〜〜〜
しー もー

しー ほら、レポートやる時間ですよ?
すぴ えーだる...しーも一緒にやろ...
しー えぇ、まぁ簡単なやつならお手伝いくらいは...
める 私もやるよ〜〜
すぴ やった

すぴ 「同じ課題を繰り返し用いることは効果的か」だってさ
しー 私は必要だと思いますねー、しっかり理解できるまでやらなきゃやったとは言えないです
すぴ めるはー?
める んー場合によるけどなーできてる課題やってもしょうがないしな?
しー まぁそれもそうですねー
すぴ じゃとりあえず場合分けするか...できるようになる前後とか
しー 中間点も追加しましょう、だいたい出来てるくらいのを
すぴ そしたら?できる前はもちろんやれって思うよね
める うん
すぴ だいたい出来たらどうする?
しー 私は大体できたら次行っちゃいますねー、人生は短いですし!
すぴ 重みがちげぇ
める 私は完璧にしてからかな?
しー でも後のことやってからの方がわかることもありますよ?
める いやいや、分かってないと先に進めないこともあるからね?
すぴ どっちもどっちだけど...
しー むー、マスターはどっちですか?
すぴ どうだろうなぁ、8割できたら次進んじゃうかも
める じゃぁそれで行こう!
すぴ なんかあっさり内容決まったな

すぴ レポート書いてたら体が冷たく...
しー ちゃんとあっためてください
すぴ しーあっためて〜〜
しー やめてください💢
める しーが居るとマスターのお世話する隙が無くなるなー
すぴ 確かに〜〜
しー もー!手伝って下さいよ!
める えへへ♡でもしーも嫌がってなさそうだから♡
すぴ し〜〜〜〜
しー 💢

すぴ レポート書けたし一杯飲もー
める 最近呑んでなかったね?
すぴ んーずっとトルネコやってたからねー
しー 遊んでる時に呑んでくださいよ
すぴ いや遊んでんじゃなくて収録だから!収録中には飲めない!
しー はぁ、そうですか

しー ほら、印刷の時間ですよ
すぴ えーしーやってー
しー やです
すぴ んー...なんとかしてしーにやらせたい...
しー なんでですか...
すぴ いつも厳しいから
める しーも身体あったらなんだかんだやっちゃいそうだよねそういうこと
しー そんなことないですよ!マスターにはしっかり自立してもらいます!
すぴ し〜〜〜〜
しー 💢


iwハーパー美味しい(おわり)

https://piapro.jp/t/i_-b
新曲あげました(宣伝)

ピアプロの紹介文の通り、就活が辛すぎて仕事辞める時の感情を予想して歌にしちゃいました
身を削ってくるクソみたいな仕事から解放されたのはいいけど将来が何も見えなくてどちらにしろ憂鬱みたいな感じ

ベベリアはベベル(角を削って丸くするやつ)+er
透明で綺麗な誰にも流されてない止水のような未来だけどそれは同時につかみ所のない液体=先の見えない不安感という側面もあるみたいな感じ

歌詞の紹介は...ええんちゃう?
割とそのまんまの意味なので仕事辞めるってテーマが分かれば素直に読み解けるはずです
何より解説する前に歌詞として味わってほしい(丸投げ)

さっき食ったラーメンに入れたにんにくのせいで腸がやばくて頭痛してきたので寝ます
良い子はにんにく入れすぎないように注意しようね


腸は第二の脳(おわり)

旅行中に飴を噛み砕こうとして失敗して舌かんだのでめちゃくちゃ痛いです
食えないので痩せそう(痩せない)


http://piapro.jp/t/t3El

しばらくやってなかったので久々に
というのも分量の割りに全然伸びないから
もともとこれのためにブログ始めたようなもんなのに本末転倒ですね反省します
反省するのはタダなので

ちなみに彼女にふられてさみしいみたいな曲です
またか

歌詞

薬莢をポイ捨てして心身にブラー
妄想を灰にして咲いた花
もう賄賂で乗り切った見えない雨
憂鬱な算段が目を覚ました

半丁の情報を大枚で買い
ハンバーグ弁当は半額で買い
そう何度だって帰るよ柔らかな
黒鉄の箱

存在しないはずのあなたから
愛情が聞こえて
サンダル転がった玄関の方
視線振りかぶって

空き缶を転がして心身にブラー
全部全部過ぎ去った夏草や
もう賄賂で乗り切った金曜日も
おとといのこと

愛憎の古戦場断罪の間
白骨を見下して咲いた花
俺は何度だって帰るよ暖かな
幻の城

何もかも消えちまった透明の世界
最低の妄想で咲いた花
逃げたいほどに退屈な声を上げて
押しつぶそうとしてくる孤独に

そっと差し出した悪魔の手
満面の嘲笑で契約のダンス
疑いないこの快楽で心身にブラー
二度と帰らない

存在しないはずのあなたが今
どこの誰を愛しても
あなたが逃げ出した交差点の
中心に眠りふける

何もかも消えちまった透明の世界
簡単な証明で咲いた花
疑いないデタラメで心身にブラー
二度と届かない

どんなに白くなっても
エンドロールを見てから
堂々巡りの千日手
暮れては昇る街灯

存在しないはずのあなたへと
愛情が溢れだしたら
スキャンダル転がった玄関の方
視線振りかぶって

薬莢をポイ捨てして心身にブラー
妄想を灰にして咲いた花
もう賄賂で乗り切った半生と今日
乾いた日に目を覚ました

アルミ缶のガソリンを大枚で買い
ハンバーグ弁当を半額で買い
俺は何度だって帰るよ凍ったような
黒鉄の箱

かいせつ

(灰は二期作とかの時に間に酸性になるのを回避して撒く灰)
タバコの吸殻をポイ捨てして体を壊しながら寂しい気持ちにもやをかけた
俺と別れたあの子は今頃他の男と仲良くやってるだろう
自分の心に金をつぎ込んでなんとか降りかかる悲しみから逃れている
未来のことを考えるだけでも憂鬱になる

付き合っているかいないかの二律に大金を払って(付き合っていることを)維持していた
自分の食費すらも削って
何度でも帰るよこの心をなんとか繋ぎとめる
薄暗い一室に

ここには居ないはずのあなたから
愛の言葉をささやかれた気がして
サンダルも無造作に転がっている玄関の方に
視線を向けようとした

酒の缶もその辺に転がして
体を壊しながら寂しい気持ちにもやをかけた
過ぎ去った過去の中でだけは俺はつわものだった
自分の心に金をつぎ込んでなんとか乗り切った金曜日も
おとといのことになり休日は終わろうとしている

愛だ恋だを戦争と例えるならば俺は戦犯であり罰せられるべきだろうか
散っていった戦士たちを見下すように勝者たちは今日も生き延びている
その戦場の中に置かれている俺は何度でも思い出す
あの子との過去の虚栄を


俺はもう何物も目に入らないこの世界で
あの子の彼氏だってどうせ下心でしかあの子を見ていないんだ
一度認めてしまえば一生の退屈が約束されてしまう
孤独というものが俺を押しつぶそうとしてくる

俺は悪魔にでもとり付かれたかのようにその孤独に手を伸ばし
恋に生きる奴らを見下してやりながら孤独と共に生きることを誓った
一度認めてしまえば案外悪くないこの生き方だが恋に生きたい自分の本心にもやをかけてしまっているようで気が気でない
でもそこへは二度とは帰れないだろう

ここには居ないはずのあの子が今
どこの誰を愛しているかなんて関係ないけど
俺はあの子が俺を捨ててあいつと付き合ったそのときの感情のまま
危険なことだと分かっていてもそのまま動くことはできずにいる

孤独との共生にもすぐに飽きが来て何も楽しく感じられない
最初からそうだろうと分かっていたのにどうして孤独と付き合っていこうとしたんだ
案外悪くないなんてデタラメで確実に孤独は俺の心を蝕んでいる
一度認めてしまった俺はもう二度と恋なんてできないだろう


どんなに髪も白くなって年をとっても心が白く濁ってしまっても
あの子に別れを告げられてから
堂々巡りや千日手といった言葉の相応しい感情だ
まるで毎日飽きずに何度でも点いては消える窓から見える街灯のようだ

ここには居ないはずのあの子への
愛情があふれ出し涙に変わったら
あの日色々あってしまった玄関の方に
視線を向けようとした

今日もタバコの吸殻をポイ捨てして体を壊しながら寂しい気持ちにもやをかけている
今日も俺と別れたあの子は今頃他の男と仲良くやってるだろう
自分の心に金をつぎ込んでなんとか降りかかる悲しみから逃れる日々は毎日が半生のように長く感じる
貯金も尽きようとして現実に引き戻されようとしている

原動力になる酒の缶を大金をもって買っている
食費すらも削って
俺は何度でも帰るよあの日の冷たい感情を閉じ込めたような
薄暗い一室に


ついかかいせつ

ポスタチーバはpost+achive+er(過去に成功した人)のこと
俺含めモテないのに一回まぐれで付き合えちゃってふられた時にやたらメンヘラになる奴は付き合うことをゴールととらえていることが多いです
だからこのachiveは付き合い始めることの意味です
かなしい

途中で三拍子から四拍子に変わります
三拍子の間は悲しんでて四拍子の間はキレてます
ふられるとこういう情緒不安定になりますよね
なりますよね?

あと俺みたいにだるだるな生活を送ってるとどこ行きにもサンダルをよく履きますね
大学いくのもサンダル
サンダルのダルはだるいのだる説


口内炎が痛すぎる(おわり)

こんにちはすぴぃちゃんです
ベイビー!
今回の曲は恋愛真っ只中な曲です
会えない日は君のことを思い出したい
記憶の中の君もやっぱり美しい
そんな曲です
曲調も王道デジロックで聞きやすい(私見)
この曲からDAWをSSWからFLStudioに変えたので音質が上がってます
でもFL最初の曲なので音圧がちょっとスカってる
それでもちゃんと音は詰まった曲にはなってるはず


歌詞

ベイビークレイジー・フォーユー
指折りソートしてよ祭典
それはクレイジーベイビー・フォーユー
スリガラス遮った地雷原
もうベイビークレイジー・フォーユー
薄暗い早朝ですフライデー
またはクレイジーベイビー・フォーユー
体中乾燥した愛で

見つめ合って笑うの

ネイビーメモリー・オビュー
かび臭い屋上の裏で
けれどメイビーメモリー・オビュー
長靴を履いた幽霊
このネイビーメモリー・オビュー
僕を橙にした部屋で
今はメイビーメモリー・オビュー
美しいオレンジ色に染まった

君を探し出すの

青錆びた虹の下たゆたういたいけな
僕の心思い出してた
アイシンフォーユー君の声が遠くで響く
涙もない夜に

クレイジークレイジー・バウチュー
消しゴムで汚した思い出
クレイジークレイジー・バウチュー
白濁した透明メイデイ
もうベイビークレイジー・フォーユー
今は染み付いていた匂いで
ラララ・クレイジーベイビー・フォーユー
スラム街の心臓塞いで


ベイビークレイジー・フォーユー
このひどく風化した目で
君よクレイジーベイビー・フォーユー
探してんだ催眠フライデー
もうベイビークレイジー・フォーユー
灰色散乱した部屋で
僕はクレイジーベイビー・フォーユー
微かな色彩に縋って

君を思い出すの

この赤い甘い長い影は重なり
冷えた指がまた擦れては
アイシンフォーユー誰の声も遠くで響く
呻き声の前に

クレイジークレイジー・バウチュー
消しゴムで描いた思い出
クレイジークレイジー・バウチュー
花も咲いた透明メイデイ
もうベイビークレイジー・フォーユー
今は染み付いていた匂いで
ラララ・クレイジーベイビー・フォーユー
スラム街の心臓塞いで

君を思い出すの


基本事項
ベイビークレイジー=自分、成長できてない狂ったような奴
クレイジーベイビー=相手、狂ったように可愛い君
ネイビーメモリー=美しい思い出
メイビーメモリー=忘れかけた思い出
クレイジーバウチュー=君に夢中
メイデイ=「花の神様を祀るお祭り」と「救難信号」の意味があります(ウェブリオより)
歌詞はサビ以外一行飛ばしです


さぁ、楽しい思い出を数え上げて整理しよう
その行為はすりガラス越しに見る地雷原のように危険かもしれないけど
薄暗い金曜の早朝に僕らは出会い
お互いの乾いた心で潤しあったね

そこまで思い出して僕らは見つめ合い笑った

古く使われていない屋上裏の物置に住み着いた
幽霊のように曖昧な君は屋内で長靴を履くように突拍子もない奴で
今僕は一人窓から夕焼けを眺めて
あの日のオレンジ色に染まった美しい

君を思い出すの

真昼に虹がかかったある昔の日の
君に出会う前の気持ちも思い出していたら
君のために自然と歌いだした、すると君の歌声も聞こえた気がした
君を思い出すだけで寂しさも消えるような夜のことだった

変に美しく捻じ曲げて違和感のある思い出だ
君は透き通るような声を枯らして助けを求めていた
僕の部屋に染み付いた君の匂いよ
今は荒んだ僕の心の穴を塞いでくれ

散々に壊れたような目を見開いて
何かの催眠にかかったみたいに都合のいい奴らの行き交う金曜日を探してた
およそ色づいて見えないような僕の部屋で
唯一色づいて見えるものだけを頼りにして

君を思い出すの

赤い夕日に照らされた僕ら二つの影が重なり
冷えた僕らの指がこすれてはまたこすれていた
僕は君のために歌おう、もう誰の声も聞こえない
うめき声にかき消されて

捻じ曲げた思い出はいつしか正しく思えるようになった
花咲くような、透き通るような、祭典のような気分だ
今は染み付いた君の匂いで
荒んだ僕の心の穴を塞いで

君を思い出すの



・・・なんか違和感ありませんか?
彼女のこと思い出すだけで全部歌が終わるようなことがあるかな
夜だの夕日だの昼の虹だの言ってるから何日にも渡って思い出してることになりますからね
会いたいなら会いに行けばいいじゃん
・・・相思相愛ならね







お察しの方は居るかとおもいますが、この曲はストーカー殺人犯を歌った曲です
彼女を殺してしまった、という裏の意味は「カビ臭い屋上」「長靴を履いた幽霊」「赤い甘い影」「冷えた指」「呻き声」「催眠フライデー」「心臓塞いで」「美しいオレンジ色に染まった君」などで気づけるようになってます
また、「メイデイ」自体救難信号という意味なので、死に際の彼女が助けを求めるガラスの割れるような金切り声、「グラスチックメイデイ」ってことですね
歪んだ愛ゆえに殺してしまった君を何日にも渡ってただ思い出し続ける、ってのが大筋です
ここまで読んだらもう一回歌詞見ながら曲聞いてみよう
ナンダッテーナンダッテーコンナコトー(パクり)

染み付いていた匂い(血生臭さ)とか青錆びた虹(凶器)とか灰色散乱した部屋(焼いて証拠隠滅)とか微かな色彩(血痕)とか猟奇的ですねぇ・・・
曲紹介するたび毎回言ってるけどなんでこんな歌詞書いたんだろう
あとピアプロで絵描いてくれるって言ってた人、途中でバックレて正解でしたね
思ってるほど純粋な歌ではないので・・・


次はちゃんと純愛の曲書きます(予定)

こんにちは、いい天気ですね(曇り)
最近暑くて全然寝れないのでちょっと曇ってくれたほうが嬉しいです
そろそろ羽毛布団しまうか・・・
曇りの日なので、雨について歌った曲を紹介します
雨が降った日にしようと思ったけど全然降らないので断念

歌詞が長いのでサクサクいきますね
行ごとに意味を対応させます


かし

雨は気まぐれに寂しんぼ怠惰に注ぐ
晴れそうで晴れない消しゴムの痕
新しい傷は間違ったルールを紡ぐ
ボロボロの雲で癒えた気がした

まぐれ待ち暮れて詰め込んだ螺子を揺らす
準える絵空あの日見た顔
物の怪はぽつり心の雨を啜る
認めたいことは一つもないや

喧騒を縫ってさ
きっと
素直になれる口実を
雨に描いてた
二つ並べたレモンを
握りつぶすような

何気ない糸に悦んで意味を捧ぐ
時雨の晴れ間も癒えた気がした

もの茂き御影ハリボテ血潮素く
あみだ籤たまやシルクの楔
嘲りの庭に流離いの蜜も燈る
鈍色の欠伸頷く雨に

狂騒に依ってさ
足を踏み外す瞬間も
雨に祈ってた
錆びたボタンをいざ一度
呼び覚ますような

雨は気まぐれに幼気怠惰に注ぐ
吝かに背伸び不埒な答え
物の怪はぽつり心の雨を啜る
私を連れ去って!
認める前に
私を連れ去って!
どこか冥くに


Aメロ1
雨=普通に雨のこと
だるだるな生活の中のなんとなく寂しい気持ちに窓から見た雨がなんとも突き刺さる
気分が晴れそうなこともあるけど結局晴れないで、そんな気持ちを掻き消したことが余計心に痕として残る
その傷跡は今日も増えたけども、自分で作った間違いだらけのルールを作り出していく、
ツギハギだらけな心の、曇ったところが癒やしてくれる気がした(癒えてない)

Aメロ2
雨=自分の流した涙のこと
機械が壊れるように壊れた自分の心を、無理やりかき回したら偶然元に戻らないだろうか
描いた絵空事を気持ちだけでなぞっていくけど、あの日見たあなたの顔が絵のように空に浮かんで悲しくなってしまった
まるで私は人間と呼べない生活をして、ひとりすすり泣く日々を送っている
今の自分がクズなことも、あなたにフラれたことも、私が悪かったことも認めなくない

サビ1
雨=自分に降りかかる災難、苦難のこと
都会の騒がしい人の群れの合間を縫って
きっと
素直に自分が悪かったと認めるための口実を
自分に降り掛かった災難のせいだと見出そうとしてた
二人並んで誠実に愛し合っていた過去を(レモンの花言葉は誠実な愛)
消してしまうようなことだとわかっていたけれども

Aメロ3
雨=自分の悲しい気持ちのこと
何となく運命の人だと信じていたから、あなたを私の生きる意味だと思っていたのに
そんなことを考えると次々に襲い掛かってくる悲しい気持ちを忘れられる僅かな合間もなくなってしまった気がした

A'メロ
雨=嫌われ者のこと
信じる神様のイメージは人によって違うから無限通りの神様がいるけど、私はどの神様に運命を約束されたわけでもないのに努力を怠っていた
運試しの花火(えっちなやつ)でシルク(えっちなやつ)をうち込まれる(えっちなやつ)ことにハマって私の体は楔を打たれたようにあなたを愛する思考から逃れられなくなってしまった
そんな私を笑う人々が庭に集まってきている幻覚すら覚える、そいつらはきっと私とは違って甘いらぶらぶ生活を送っているのだろう
今日も惰眠を貪っていた、何もないのに嫌われている人の気持ちがよくわかったよ

サビ2
雨=天のもたらしてくれた恵みのこと
気の迷いによって
社会からはみ出し物になってしまったこの瞬間も
誰かがきっと助けてくれるんじゃないかって祈ってた
昔のようにもう一度
戻してくれるんじゃないかって

Aメロ4
雨=自分の流した涙のこと
どんなことを考えても悲しくなってしまい、退行した精神と何もしないこの生活に涙がよく似合っている
何をするにもためらってしまい、背伸びをしたって考えは堂々巡りを繰り返すしかない
まるで私は人とは呼べない生活をしていて、ひとりすすり泣く日々を送っている
誰か助けて!
私が全てを認めてあなたを割り切って忘れてしまう前に
私を連れ去って!
いっそ誰の存在もない遠い世界に


別れたあとの悲しみをひたすら綴った歌ですね
別れた後って、悲しんでる自分に酔っててもっと悲しい気分でいたい!っていう変な矛盾があるんですよね
最後のAメロとかまさにそんな感じです
助けて欲しいのに悲しみは忘れたくないみたいな
ほんとに大好きだった人にフラれた人なら分かるんじゃないでしょうか

悲しい歌詞ではあるけど怒りもなければ生死についても歌ってない穏やかな歌なので読んでてイライラすることはないと思います(たぶん)
別れた後の気持ちが整理できた後で悩んでた時のことを思い出した時みたいな、爽やかで詩的で美しい悲しみを上手く表現できてると思います(自賛)
曲調が自分の作った曲では珍しい感じですね
バンドサウンドからだいぶ離れたところにある淋しげにノリノリな感じで、ベースとドラムの音がお気に入りです

ピアプロのページにも書きましたが、アメフリー・アメフラーとは造語で、「私は自由にさせられた目標の定まってない人です」という意味です
I'm enfreed unaimfuller
en(人をその状態にする)+free(自由)+ed(受動態)
un(~でない)+aim(目標)+full(~が満ち足りた状態)+er(~な人)
よって「私は誰かによって自由な状態にさせられた、目標が満ち足りた状態でない人です」、です(ですです)
です

ちょっと歌詞が難しいですね、特にA'メロ
ここだけ分量が異常なことになってます
それも、本来はまったくでたらめなことをつなぎ合わせた歌詞だったからです
悲しみにより混乱した時の何考えてんだかわかんない感じを歌詞に出したかった
まぁ無理やり意味にするならこうですかね?

前紹介した2曲がめちゃくちゃダークな曲のせいでこれがもはやハッピーエンドにすら見えますね
怒りの感情を歌にぶつけると聞いててイライラする歌詞になります
でもそれも含めての芸術だと思うのでまぁいいんじゃないでしょうか
芸術は感情表現だからまぁある程度はなにやってもOK!
ちなみにタルパにもある程度なにやってもOKだよ
うちの子は特に無理やりさせられるのが好きらしい(えっちなやつ)

りんに怒られたからこのへんでさよなら

↑このページのトップヘ